糖尿病の基礎知識【ヘモグロビンA1C】について

血糖値とヘモグロビンA1Cの数値が高いと指摘された要注意!
どちらかといえば、血糖値だけを意識している方も多いかもしれません。
しかし、ヘモグロビンA1Cという指標も糖尿病の診断に関わっています。

 

そもそもヘモグロビンとは、赤血球に含まれるタンパク質のことです。
血の赤い色素をヘモグロビンと言い、酸素と結合して全身に酸素を運ぶ役割があります。
これが血糖(グルコース)と結合したものを【ヘモグロビンA1C】と言います。

 

赤血球は約120日(4ヶ月)と言われおり、この間ずっと体内をめぐっています。
そして、血管内では少しずつブドウ糖と結合していきます。

 

要するに、ヘモグロビンA1Cが高数値の場合は高血糖に当たります。
血糖値と同様に糖尿病診断の材料になるのですが、血糖値のように検査は食事などの影響を受けません。
血糖値のように食事を摂ると上昇するわけではないのです。

 

赤血球の寿命の半分、つまりは約2ヶ月前の血糖値の平均をヘモグロビンA1Cで判ります。
検査日よりおおよそ1〜2ヶ月前の状態をチェックできるので、血糖値よりも正確に高血糖の可能性を調べることができます。

 

私自身も、血糖値やヘモグロビンA1Cの数値が高いと指摘を受けたことがあります。

その際に担当医とカウンセリングを行いながら、食事療法や運動、サプリの活用によって改善することができました。
そこで当サイトでは、私が学んだヘモグロビンA1Cの知識や改善方法などを紹介します。
健康に毎日を過ごすためにも、ぜひお役立てください。

 

>>管理人のヘモグロビンA1Cを下げたサプリメントについてはこちらへ!

ヘモグロビンA1Cの正常値・高数値

ヘモグロビンA1Cは『HbA1c』と略されることもあります。
血液検査で調べる項目で、基準値は[5.8%(NGSP値6.2%)以下]とされています。
つまり、この数値を超えた場合が高数値となり高血糖と言えます。
8.0%を超えた場合は、糖尿病以外の合併症を引き起こすリスクも高くなります。

 

例えば、神経障害・腎症・網膜症・腎不全など。軽い症状と勘違いしそうなもので「足の痺れ」も挙げられます。
さらに、悪化すると、命に関わる重病を引き起こす恐れもあります。
心筋梗塞や脳梗塞のように突然発症する病気、ガンの発症率も上がりますし、失明の恐れも…。

 

健康体を維持するためには定期的に血液検査を受けて、ヘモグロビンA1Cの数値をチェックしておきましょう。
早い段階で気付ければ、適切な処置によって改善することが可能です。

 

ヘモグロビンA1C数値が高いと指摘されたら...

定期健診を受けた方が良いので、まずは専門の病院に通院してください。
専門医の指示に従い、治療を行いましょう。
治療といっても、基本的には生活習慣で改善することができます。
ただ、時に治療は必要になるため、医師に相談することは大切です。

 

生活習慣の改善では食事療法と運動療法を行います。
食事療法では、必要な栄養を補給して炭水化物を摂らないこと。
炭水化物を完全に断つのは正直大変です。(^^;
量を減らし、ウォーキングを習慣にすることで血糖値の上昇は抑えられます。
食後に30分を目安に歩くようにしてみましょう。

 

ヘモグロビンA1C数値の改善に効果的な成分BEST5

有効成分を補うためには食事だけでは足りない、また補給しようとするとカロリーオーバーする恐れがあります。
そんな時はサプリメントが大活躍!
5種類の有効成分をご紹介しますので、サプリ選びの際に参考にしてください。

田七人参

実は高麗人参よりもはるかにサポニン量が豊富な素材。
田七人参は土壌の栄養をしっかり吸収するため、収穫後の土地は約10年ほど使えなくなると言われています。
田七人参の効能により、数値が大幅に低下した例もアリ。実力派の素材。
効能:血流促進、活性酸素除去、免疫力の向上、高血圧、止血、肝臓疾患etc...

不飽和脂肪酸(DHA・EPA)

最近話題の必須脂肪酸。
青魚に多く含まれている脂肪酸で血液サラサラ効果などがあります。糖尿病でリスクが増す心筋梗塞や脳卒中の予防にも有効とされている。
効能:血液サラサラ、血圧を下げる、中性脂肪・悪玉コレステロールの低下、アレルギー改善、精神安定、抗炎症、PMSの改善(EPA)、記憶力アップetc...

ナットウキナーゼ

血栓予防の有効の成分として有名。
納豆に含まれる特有の酵素のことで、血栓を溶解する働きは持続性も高い。約12時間ほど継続する。
効能:血液サラサラ、血栓予防、血圧を下げる、糖尿病の予防etc...

高麗人参

漢方にも使われる定番の健康素材。ミネラルやビタミンも豊富に含んでいる素材で栄養補給にもピッタリ。
インスリンと同様の働きを持つサポニンにより糖尿病予防にも。
効能:デトックス作用、体力アップ、血流促進、造血促進、体液の分泌促進、呼吸器疾患、整腸、糖尿病予防etc...

菊芋

含有成分である水溶性食物繊維のイヌリンが酵素と結合することでフラクトオリゴ糖に変化し、体内の血糖を排出する働きがあります。
結果として血糖値の抑制効果がある。

 

管理人が実践したサプリメントは【白井田七】です。

約1ヶ月分の内容で12,000円(定期コース初回は9,240円)で販売しているサプリメントです。
決して安いわけではありませんが、クオリティが高く安全なサプリメントです。
原料から徹底的にこだわり、国際有機認証(IFOM)取得の自社農園で栽培した田七人参のみを使用。
収穫した田七人参をJAS認証工場で加工・製造を行う徹底ぶり。